ハート電報では、結婚式の祝電やお悔やみの弔電に国内生産の高品質の台紙からキャラクター電報まで、豊富なラインナップを取り揃えております。

文例の使い方アレコレ

みんなの文例集で使いたい文例を見つけたら、それをそのまま利用していただいてもいいのですが、さらにお相手の方の心に残るメッセー ジにするためにアレンジをすることをおススメします。ここでは、文例集の使い方のコツや応用方法をご紹介いたします。

エピソードをいれましょう

電報を贈る相手が幼馴染みだったり、同級生だったり、あるいはとてもお世話になっている 方、大切な家族など、その方との思い出もあるはず。
そんな方への電報メッセージには、その方との思い出や印象に残っている出来事などのエピソードを文例にを織り交ぜてみましょう。電報メッセージがよりぐっと印象的になり、お相手の心に残るものになるはずです。

少しアレンジして使いましょう

「みんなの文例集」の文例は、おすすめの書式で作成されていますが、ぜひアレンジし てご利用してください。
メッセージは、縦書き、横書きも自由に変更することができます。メッセージカードの背景デザインによっては、縦書きよりも横書き、横書きより縦書きの方が向いているものもあります。行問や文字サイズも変更できますので、印刷イメージを見ながら自由にレイアウト、調整をしてみてください。
スペースや記号をうまく使って、あなたらしい電報メッセージを作ってください。その際印刷イメージを確認しながら、くれぐれもカードからはみ出さないようにご注意ください。

相手や内容によって書式を変えてみては?

ハート電報では、メッセージのフォントを18種類からお選びいただけます。メッセージの内容によって、フォントを変えてみることをおすすめします。メッセージ内容にあった書体を使うことでメッセージにより気持ちを込めることができます。
親しい問柄の方へは、手書き風のかわいらしいフォントを使ってみたり、目上の方や仕事関係の方へは上品な明朝系。丸みのあるフォントや力強い太字のフォントなど、メッセージの内容によって書体を変更しましょう。