ハート電報では、結婚式の祝電やお悔やみの弔電に国内生産の高品質の台紙からキャラクター電報まで、豊富なラインナップを取り揃えております。

電報マニュアル Q&A

そもそも電報っていつから始まったサービスなの?どんなシーンに電報を送ったらいいの?相手に喜んでもらえる電報ギフトの選び方は?そんな電報を利用する際のポイントや豆知識などの情報が満載の「電報マニュアル」です。ぜひ参考にしてみてください。

電報は、冠婚葬祭などで大切な人にメッセージを送るのに最適なサービスです。

電報マニュアル

電報基礎知識

電報は、電話がなかった時代から使われている通信手段の一つです。 メッセージを形にして届けることができるため、現在では冠婚葬祭をはじめ、入学や卒業、ビジネスシーンでのお祝い事など、さまざまな場面でギフトとして活用されています。 ここでは、電報の歴史や主な申し込み方法、電報を受け取ったときのお礼状の書き方などをご紹介します。

電報とは?情報の「伝達手段」から思いを伝える「ギフト」へ

まだ家に電話がなかった時代に通信手段として使われてきた電報は、今ではプライベートやビジネスを問わず、冠婚葬祭、入学・卒業といったさまざまなシーンでメッセージを送る手段として使われています。電報とメールやメッセージアプリの大きな違いは、形とし・・・

祝電マニュアル

祝電基礎知識

祝電は、お祝いのメッセージを伝える電報です。結婚披露宴や会社の創立記念パーティーの会場に手配したり、誕生日・出産・入学・卒業などのお祝い事のシーンで利用したりします。また、家族や親しい友人にひと味違ったギフトとして、あえて祝電を送るという使い方もできます。 祝電はどのように送ればよいのでしょうか。

祝電とは?お祝いの気持ちが心から伝わる電報の送り方とマナー

会社の同僚や親しい人の慶事・弔事の際、送る人の気持ちを伝えるためによく使われるのが電報です。中でも祝電は、結婚祝いや出産祝いなどで、お祝いのメッセージを送るときに利用します。では、友人の結婚式に出席できなくて、代わりに祝電を送ろうという・・・

祝電マナー

祝電には、送るときと受け取ったときのどちらにもマナーがあります。例えば、結婚披露宴に祝電を送る場合のメッセージには縁起の悪い言葉を書かないように気をつける必要がありますし、祝電を受け取ったら後日差出人へお礼状を送るのがマナーです。また、祝電を送るタイミングは何のお祝いかによって異なります。 祝電を送る前に、送付時のマナーやお礼状の書き方などを知っておきましょう。

祝電のお礼状|感謝を伝える手紙・はがき・メールの書き方

祝電をもらうと嬉しいものです。例えば結婚式で、遠方に住んでいて出席できない友人や会社の同僚・上司などから、祝電でメッセージを受け取ると、短い内容であっても相手の思いが伝わり、胸が熱くなることがあります。では、結婚式で祝電をもらったときの・・・

祝電の打ち方・送り方

祝電を初めて送る人や送り慣れていない人は、メッセージの内容に悩むこともあるでしょう。メッセージがなかなか思い浮かばないときは、文例を参考にするのがおすすめです。 なお、就任式や卒業式などの式典に送る場合は、会場の都合も確認して送付するタイミングを調整する必要があります。 ここでは、友人の結婚式や子供の誕生日、知人の栄転など、さまざまなシーンで祝電を送る際に使える例文と、送るときのポイントをご紹介します。

【例文付き】友人の結婚式に出席できない…そんなときこそ電報を!

友人の結婚式に招待してもらったのに、どうしても出られないときは、祝電でお祝いするという方法があります。結婚式の後に結婚祝いや手紙などを送るのも喜ばれますが、オリジナルのメッセージをつづった電報を披露宴会場に送れば、結婚式に出席できなくても・・・

弔電マニュアル

弔電基礎知識

弔電とは、お悔やみの言葉を伝える電報のことを指します。訃報を受けたものの、事情があって葬儀に参列できない場合に送ると、告別式で読み上げられることがあります。また、個人だけでなく、会社や部署単位で弔電を送るのも珍しくありません。 ここでは、弔電を送るときの手順や、よく使われる漢字の読み方などをご紹介します。

弔電の送り方|いざというときのために知っておきたい手順とマナー

社会人になると、弔電を送る機会が訪れることがあります。弔電とは、亡くなった人への弔意を電報の形で遺族に伝えるもので、葬儀に出席できないときによく利用されます。では、いざ弔電を送るとなったとき、どのように手配し、どんな文面にするのがいいか・・・

弔電マナー

弔電の文面では、「たびたび」「いよいよ」などの重ね言葉や、「生きる」「死ぬ」といった生死に関わる直接的な表現を使うことは禁じられています。 また、故人の宗派によっても使わないほうがいい言葉があります。 弔電と香典を両方送るときにも注意するポイントがあるほか、弔電を受け取った場合はお礼状を出すのがマナーです。 弔電の送り方やお礼状の書き方など、マナーを確認しておきましょう。

弔電と香典を両方送るときのマナーと金額|同時に出しても大丈夫?

年齢を重ねると冠婚葬祭に参加する機会が自然と増え、中にはどうしても都合がつかないケースもあるでしょう。親族をはじめ、友人や知人、仕事の関係者などの訃報を知り、通夜または葬儀・告別式に参列できない場合は弔電を手配します。弔問する場合は香典・・・

弔電の打ち方・送り方

弔電を打つときは、送り先、宛名、敬称の使い方などに間違いがないか確認してから送ります。生前お世話になった人の葬儀や年忌法要などで送る際は、故人の人柄がわかるエピソードなどを添えてもよいでしょう。 メッセージの内容に迷ったときは、こちらでご紹介している文例を参考にしてください。また、葬儀以外に弔電を手配する場合の送り方も知っておきましょう。

弔電の文例厳選50|悲しむ気持ちを伝える状況別お悔やみメッセージ

突然知人の訃報があったものの、通夜や告別式の日程上、どうしても参列することができない――そんなときに役に立つのが弔電です。弔電を送るなら故人へのメッセージはきちんと考えたいものですが、初めて送るときはどんな文面にすれば良いかわからず難し・・・