ハート電報では、結婚式の祝電やお悔やみの弔電に国内生産の高品質の台紙からキャラクター電報まで、豊富なラインナップを取り揃えております。

電報マニュアル

結婚式招待状の返信マナー|欠席するときは祝電で気持ちを伝えよう!

結婚式の招待状の返信には、マナーがあります。例えば、出席する場合と欠席する場合では返信するタイミングが異なり、マナーを知らずに返信すると、新郎新婦に対して失礼になるおそれがあるのです。 結婚式に出席する場合ははがきを返信して当日を迎えれば良いですが、やむを得ず欠席する場合は、ただ返信するだけで問題ないのでしょうか。
今回は結婚式の招待状を返信する際のマナーと、結婚式を欠席する際にお祝いの気持ちを伝える方法をご紹介します。

結婚式の招待状に返信するタイミング

結婚式に招待されたときは、出席するか欠席するかによって返信するタイミングが異なります。出席する場合、欠席する場合、未定の場合をそれぞれ見ていきましょう。

出席の場合はなるべく早く返信する

出席の返事は招待状が届いてすぐ、できれば3日以内に出しましょう。遅くとも1週間以内に返信するのが一般的です。新郎新婦が返事を待っていることを考えて、出席の意思はなるべく早く知らせるようにします。

欠席の場合は少し間を置く

仕事や家庭の事情など、やむを得ない事情で結婚式を欠席する場合は、招待状が届いてから1週間後を目安に返信します。すぐに返事をするとかえって失礼にあたるからです。また、欠席の返信をするだけでなく、はがきを送る前に新郎新婦に電話で事情を話しておくのも良いでしょう。

未定の場合はまず連絡する

出席できるかどうかをすぐに返信できない場合は、まず新郎新婦に電話やLINEなどで連絡を取り、出欠の返答をいつまで待ってもらえるのか確認します。その上で、必ず期日までに、出席か欠席かを返信しましょう。結婚式は参加者が確定してから会場の席次などを決めます。そのため、出欠が期日までに確定しないと、新郎新婦に迷惑をかけるおそれがあります。もし期日になっても出席できるかわからない場合は、欠席する旨を連絡したほうが、新郎新婦に迷惑がかかりません。

返信の書き方で押さえたい基本ポイント

返信用のはがきに記入するときは、使用する筆記用具にも気をつけましょう。まず、押さえておきたい基本ポイントをご紹介します。

黒いインクで記入する

返信はがきには、黒いインクを使って書きます。赤や青、不祝儀を連想させるグレーは使わないようにしましょう。正式なマナーでは毛筆や万年筆で書くのが望ましいとされていますが、ボールペンでも問題ありません。

「御」「芳」など尊敬表現を修正する

返信用はがきには自分の名前や住所を書く欄に、「御芳名」「御住所」といった記載があります。「御」や「芳」は新郎新婦から自分に対する尊敬表現なので、返信する際には二重線で消しましょう。
また、返信先の宛名の下にある「行」は、そのまま送ると相手に対して失礼になりますので、二重線で消して「様」に書き改めてください。

二重線や句読点にも注意する

返信用のはがきに記載された、「御」や「芳」「行」などを消す際の二重線は定規を使ってきれいに引くようにしましょう。
また、文章を読みやすくするために用いる「、」「。」などの句読点は、慶事に関わる文章では「縁が切れる」「終わる」ことが想起されるおそれがあるので使いません。そのため、メッセージなどを書き足す際は、句読点を使わないように注意が必要です。

出席と欠席の返信の書き方

では、出席する場合と欠席する場合について、それぞれ具体的な書き方を見ていきましょう。

出席の場合

「ご出席」や「御出席」と書かれた部分の「出席」を丸で囲み、「ご」または「御」を二重線で消します。出席の隣に書かれた「ご欠席」もしくは「御欠席」も二重線で消しましょう。
さらに、「出席」の前後に「慶んで」と「させていただきます」を書き加えて、「慶んで出席させていただきます」とすると、「招待されて嬉しい」という気持ちがより伝わります。
結婚する二人に向けた、お祝いの言葉や招待へのお礼も書き加えましょう。はがきの中に特にメッセージ欄がない場合は、余白にメッセージを書いてもOKです。

欠席の場合

「ご欠席」や「御欠席」と書かれた部分の「欠席」を丸で囲み、「ご」または「御」は二重線で消します。欠席の隣に書かれた「ご出席」もしくは「御出席」も二重線で消します。
また、「欠席」の前後に「残念ながら」と「させていただきます」を追加して、「残念ながら欠席させていただきます」とすると、出席できず残念に感じている気持ちがより伝わります。
欠席の理由は、めでたいことであれば「親族の結婚式と同日のため」などと明記して、病気などネガティブなことであれば「やむを得ない事情により」などとします。「多忙のため」や「経済的に苦しい」などは結婚式の欠席理由としては失礼にあたるので避けましょう。
メッセージ欄や余白には、お祝いの言葉と出席できないことに対する謝罪の言葉を書くのが一般的です。

欠席の場合は式場に祝電を送ろう

結婚式に招待してもらったのに出席できないときに、お祝いの気持ちを伝えられる方法の一つが祝電です。

祝電でお祝いの気持ちを伝える

結婚式に出席できなかったとしても、披露宴会場に電報を届ければ新郎新婦の晴れの日にお祝いの気持ちを伝えることができます。
電報はベーシックな台紙タイプでも、花柄や和柄、刺繍、ラインストーン、キャラクターなどが入っているものがあり、種類が豊富です。
また、ギフト付きの電報なら、お祝いの品も一緒に送ることができます。ウエディングドレスや白無垢を着たぬいぐるみをはじめ、プリザーブドフラワー、ペアグラス、カタログギフトなどがあります。

祝電の文例

メッセージは、欠席してしまったお詫びの言葉と、二人を祝福する言葉で構成しましょう。そのまま使えるような例文をいくつかご紹介します。
50文字程度の文例
◯◯ちゃん結婚おめでとう! ドレス姿を見られずに残念で仕方ありません 遠方よりお二人の幸せをお祈りしています
このたびはご結婚おめでとうございます 出産予定日が近いため自宅から祝福の気持ちを送ります 末永くお幸せに!
ご結婚おめでとうございます 二人の晴れ姿を見られずに残念です お二人の新たな門出を心よりお祝いを申し上げます
華燭のご盛典を心よりお慶び申し上げます 本日は出席できず残念です お二人のご多幸を心よりお祈りいたします
100文字程度の文例
◯◯さん ◯◯さん このたびはご結婚おめでとうございます 本日は直接お祝いを申し上げたかったのですが披露宴に出席できず申し訳ありません お二人の未来が輝かしいものになりますように心よりお祈りいたします
ご結婚を心よりお祝い申し上げます 晴れの姿を見たかったのですが出席できず残念です あふれんばかりの喜びを電報に込めて送ります お二人で笑顔に満ちた幸せなご家庭を築いてください
本日はご結婚おめでとうございます! ご招待いただいたにもかかわらず出席できずに大変残念です これからお二人は二人三脚で幸せなご家庭を築かれることでしょう 新居に遊びに行ける機会を楽しみにしています

返信や祝電のメッセージは忌み言葉に注意

結婚式の招待状の返信はがきは、「御芳名」などの敬語を忘れずに直した上で、出席する場合と欠席する場合それぞれのタイミングで出す必要があります。
結婚式はできるだけ出席したほうが良いですが、やむを得ず欠席する場合は、お祝いの気持ちが十分に伝わるようにしたいものです。もし祝電を送るなら、メッセージに「切れる」「離れる」「重ね重ね」といった忌み言葉を入れないように気をつけましょう。
忌み言葉を入れないように注意するのは、招待状の返信はがきに書き込むメッセージも同様です。
今回ご紹介した基本的なマナーを守って返信すれば、出席・欠席にかかわらず、新郎新婦をお祝いする気持ちが伝わるでしょう。

ハート電報おすすめの祝電の一覧はこちらから