ハート電報では、結婚式の祝電やお悔やみの弔電に国内生産の高品質の台紙からキャラクター電報まで、豊富なラインナップを取り揃えております。

電報Q&A

祝電のお礼はすべき?

祝電をもらった場合は必ずお礼をしましょう。ただし、祝電のみを受け取った場合と祝電と一緒にご祝儀やお祝い品をもらった場合でお礼の方法は異なります。

感謝の気持ちを伝えることが大事

祝電をもらった場合は、必ずお礼をし、感謝の気持ちを伝えましょう。祝電をくれた人に会いに行けるのであれば、直接会ってお礼をするのもよいでしょう。相手が遠方に住んでいる場合や、多忙で会いに行けない場合には、電話か手紙でお礼を伝えます。いずれにせよ、祝電をくれたことに対する感謝を伝えることが大切です。

祝電だけもらった場合は電話や手紙でお礼の気持ちを伝える

祝電だけをもらった場合は、必ずしもお礼の品を送る必要はありません。祝電だけしか受け取っていないにも関わらず、お礼の品を送ってしまうと、かえって相手に気を遣わせてしまうためです。そのような場合は、電話や手紙でお礼の気持ちを伝えましょう。お礼はなるべく早く行うことが大切です。目安としては、結婚式から2~3日以内になります。結婚式の後、すぐに新婚旅行に行く場合は、帰ったあとでも問題ありませんが、できる限り早めにお礼をしましょう。

祝電以外にもご祝儀やお祝い品をもらった場合はお礼の品を贈る

結婚式から2~3日以内になります。結婚式の後、すぐに新婚旅行に行く場合は、帰ったあとでも問題ありませんが、できる限り早めにお礼をしましょう。
電報によっては、メッセージと一緒に様々なギフトを贈れるものがあり、ギフトによっては高価なものもあります。こういった祝電を受け取った場合は、その金額に見合ったお礼の品を贈りましょう。