ハート電報では、結婚式の祝電やお悔やみの弔電に国内生産の高品質の台紙からキャラクター電報まで、豊富なラインナップを取り揃えております。

電報Q&A

祝い事にはどんなものがある?

結婚式や成人式など、人生の節目には様々な祝い事があります。電報は、冠婚葬祭といった人生に1度しかない大きなイベントで送るのはもちろん、人生の節目にある祝い事にも利用されています。

意外と多い様々なお祝い事

祝い事でお祝いの気持ちを伝える機会は沢山あります。毎年ある祝い事として、誕生日や母の日、父の日があります。また、日本では年齢によって祝い事を行う習慣があります。七五三や成人式、還暦などがその代表です。人生に訪れる大きなイベントでもお祝いは欠かせません。結婚式をはじめとして、入学・卒業祝い、内定や昇進の際もお祝いをします。

毎年発生するお祝い事

お祝い事には、毎年必ずあるお祝いがあります。誕生日はその代表的なもので、母の日や父の日もこれに該当します。また、敬老の日やクリスマス、新年のお祝いにも電報が利用されることがあります。普段は遠方にいてなかなか会えない両親や親類に、感謝の気持ちを伝えるのに、電報は非常に便利なサービスです。

年齢に対するお祝い事

日本では年齢によって様々な祝い事があります。3歳と5歳、7歳の子供であれば、成長を祝う七五三、20歳になったら成人を祝います。また、60歳を祝う還暦や88歳を祝う米寿、99歳を祝う白寿などの長寿を祝う習慣もあります。一生に1度しか来ない節目となる年に電報を送ることで、特別なお祝いの気持ちを届けることができます。

イベントに対するお祝い事

人生の一大イベントとして結婚が挙げられます。結婚の際は結婚式や披露宴に出向き、直接お祝いの気持ちを伝えることが望まれますが、どうしても参加ができない場合は電報が利用されます。結婚の際に送られる電報は、披露宴の最中に読み上げられることが多いです。結婚以外にも、会社を立ち上げた人には開業祝い、入院していた人が居れば快気祝いを行います。その他に、入学や卒業、合格、内定、昇進、退職など様々な祝い事がありますが、お祝いの気持ちを伝えるにはそれぞれのシーンに合った方法を選択することが大切です。