ハート電報では、結婚式の祝電やお悔やみの弔電に国内生産の高品質の台紙からキャラクター電報まで、豊富なラインナップを取り揃えております。

電報Q&A

お通夜や葬儀に参列できないときには?

お通夜や葬儀にどうしても参列できないときは、適切な手段で弔意を伝えることが大切です。後日弔問する以外に、電報を送ることでもお悔みの気持ちを伝えることができます。いくら都合がつかなかったからといって、何もせずにいるのはマナー違反です。訃報を受けてすぐに送ることができる電報は、遺族にお悔みを伝える手段としておすすめです。

お悔みの気持ちを伝える弔電

お悔やみの気持ちを伝える電報を弔電といいます。弔電を送る場所は、故人を悼む厳粛な場なので、失礼がないような書き方にしなければなりません。

弔電の宛名は喪主でなくてもいい

弔電は、喪主宛に送るのが一般的ですが、喪主以外の個人宛に送っても問題ありません。喪主ではないけれど、故人の関係者である人を励ます意図で弔電を送ることがあります。また、企業が主催する社葬では、葬儀責任者宛てに弔電を送ります。その場合、事前に葬儀責任者の名前を確認しておくことが必要です。

弔電の差出人名は故人との関係を添えて書く

弔電の差出人名を記載する際に重要なのが、差出人と故人がどういう関係であったかを明らかにすることです。差出人名だけでは、故人とどういうつながりがあったのか、遺族には分かりません。そのため、弔電の差出人名には、企業や学校など所属する団体名や肩書きなどを添えましょう。

弔電のメッセージを書く際は伝統に則って

弔電のメッセージは、失礼を避けるためにも、形式や伝統に則った文章にしましょう。弔電はお通夜や葬儀の場へ届き、故人を悼む人々の目に触れるものだからです。また、弔電の中で故人を表す敬称は、受取人である喪主と故人の関係によって異なりますので、注意してください。例えば、喪主が故人の子である場合、故人を「ご尊父様」や「ご母堂様」と表し、喪主が故人の兄弟である場合、故人を「ご令兄様」や「ご令弟様」と表します。

弔電の台紙のデザインは落ち着いたものを選ぶ