ハート電報では、結婚式の祝電やお悔やみの弔電に国内生産の高品質の台紙からキャラクター電報まで、豊富なラインナップを取り揃えております。

電報Q&A

弔電と香典はどちらも送るべき?

弔電と香典は、必ずしも両方送らなければならないものではありません。お世話になった上司や、親しい友人など、自分と関係の深い人が亡くなり、お通夜や葬儀に参列できない場合であれば、弔電と香典の両方を送ります。しかし、亡くなった方が普段あまり付き合いのない人であれば、弔電だけを送るのが一般的です。いずれにせよ、訃報を聞いて、お通夜や葬儀に参列できないのであれば、とり急ぎ弔電を送りましょう。

故人との付き合いが少ない場合は弔電のみを送る

故人との関係がそれほど深くない場合には、弔電のみを送ります。普段の付き合いの有無や、今後の遺族との関係性を考えて決めましょう。また、故人との関係が深くても、遺族が近親者だけの葬儀を強く望んでいる場合など、遺族が香典を辞退するケースがあります。そのような場合に、無理に香典を送ると、遺族はお返しをしなければならないという負担が生じます。遺族から香典辞退の連絡を受けた際は、その意思を尊重し、弔電のみで弔意を示しましょう。

弔電のマナー

弔電は、葬儀が始まる前までに斎場に届くよう、手配をしましょう。葬儀中に読み上げられることを考えると、葬儀の2、3時間前までに届いていることが理想です。宛先は斎場、宛名は喪主名とするのが一般的です。差出人名には、遺族が見て分かりやすいよう、故人との関係を書き添えましょう。

遺族との関係性によっては弔電だけでなく香典も送るべき

故人や遺族との関係性を考えて、弔電だけでは足りないと感じる場合は、香典を送りましょう。香典は、通常と同じように香典袋に入れ、現金書留で送ります。現金書留には、香典専用の封筒が用意されており、香典袋が入る大きさになっているので、こうしたものを利用してください。代理人を立てて、お通夜や葬儀で直接渡してもらうことも可能です。

香典袋のマナー

香典袋は故人の宗教に合ったものを選びましょう。蓮の花が描かれているものは仏式で、十字架や百合の花が描かれているものはキリスト教式です。香典袋の表書きも、神式であれば「御神前」、仏式であれば「御霊前」や「御仏前」、キリスト教式であれば「お花料」と書き分けます。香典袋の表の下半分には差出人の名前をフルネームで記載します。遺族が香典を整理する際に困らないよう、香典袋の中袋に、住所・氏名・金額を記入しましょう。