ハート電報では、結婚式の祝電やお悔やみの弔電に国内生産の高品質の台紙からキャラクター電報まで、豊富なラインナップを取り揃えております。

電報Q&A

訃報を受けたら何をすべき?

訃報を受けたときの対応は、故人との関係性によって変わってきます。親戚はもちろんのこと、親しくしていた人や、お世話になった人であれば、すぐに遺体が安置されている場所へ弔問に駆けつけましょう。一方、故人との関係が薄かったり、仕事の関係者だったりする場合は、取り込んでいる遺族の迷惑にもなるので、弔問は避け、通夜や葬儀に参列します。

関係の深い人が亡くなったら弔問に駆けつける

関係が深い人の訃報を聞いたらできる限り早めに弔問しましょう。遺体が安置されている場所に到着したら、まずは遺族へお悔みの挨拶をし、故人への哀悼の意を表します。遺族への挨拶は手短にし、手伝えることがないか尋ねましょう。遺族は友人・知人への連絡や葬儀の準備などに追われているからです。
弔問の際、遺族から故人への対面を勧められる場合があります。その場合、ひと言お礼をし、故人と対面をします。対面がつらい場合は、素直にその旨を伝えましょう。故人との対面を断ることはマナー違反にはなりません。ただし、自分から対面を申し出ることは控えましょう。故人との対面は、遺族から勧められた場合のみ行います。

弔問する際の服装

弔問に駆けつけるときの服装は、派手すぎなければ、普段着でかまいません。反対に弔問に喪服を着ていくと、亡くなるのを予期していたように見えてしまいます。ただし、普段着といっても、Tシャツにジーンズといったラフなものは避け、男性の場合はスーツ、もしくはスラックスにジャケット、女性の場合は肌の露出の少ない落ち着いた色の服を選びましょう。結婚指輪以外のアクセサリーは外し、メイクやマニキュアは可能な限り地味なものにします。

弔問できない場合

遠方に住んでいたり、仕事の都合ですぐに弔問できなかったりする場合は、とり急ぎ弔電を打ちましょう。弔電はお悔やみの言葉を略式に述べるものなので、後日弔問に伺うか、お悔やみの手紙を送り、哀悼の意を表すのがマナーです。弔電は、インターネットからであれば、24時間いつでも申し込みができます。急な訃報の際に利用するとよいでしょう。