ハート電報では、結婚式の祝電やお悔やみの弔電に国内生産の高品質の台紙からキャラクター電報まで、豊富なラインナップを取り揃えております。

電報Q&A

短い文章で気持ちを伝えるテクニックは?

短い文章で気持ちを伝えるテクニックには、シンプルな言葉を使うことや相手との具体的なエピソードを入れること、表現を砕けたものにすることがあります。

電報は短い文章で気持ちを伝える必要がある

電報サービスによっては多くの文字数のメッセージを送ることができますが、電報を送る相手の状況によって長文が好まれないこともあります。例えば、結婚披露宴では祝電が読み上げられますが、あまりにも長文だと披露宴の流れに水をさしてしまうことも考えられます。また、電報サービスによっては、ある程度の文字制限が設けられている場合や文字数によって金額が加算されるサービスもあります。そのため電報のメッセージ作成には、比較的短い文章で気持ちを伝えるテクニックが必要になってきます。

シンプルな言葉で気持ちを伝える

電報のメッセージは、まず自分の伝えたいことをシンプルに表すことが大切です。お祝いなら「おめでとう」、お悔やみであれば「お悔やみ申しあげます」というように、はっきりと自分の気持ちが相手に伝わるようにしましょう。相手に対する気持ちを込めようとするとメッセージが長文になってしまう場合があります。しかし、長文が好まれない状況で送られることがある電報では、あまり長いメッセージにならないように注意が必要です。

具体的なエピソードを入れる

自分たちだけのエピソードをメッセージに入れると、短い文章でも自分の気持ちを伝えることができます。学生時代のエピソードやサークル内での話題などの、少人数しか知らない出来事をメッセージに含めることで、相手に対して親しい気持ちを伝えることができます。また、仲間内でしか呼ばれていないあだ名を使うことで、他の人のメッセージと差別化することができます。

砕けた表現を入れる

短い文章でも、砕けた表現をメッセージに含めることで、相手への親しさを表すことができます。砕けた表現は、弔電などの場合はマナー違反ですが、親しい関係者への祝電なら問題ありません。逆に、親しい仲であるにもかかわらず硬い文章にすると、かえって他人行儀な印象を持たれてしまうこともあります。
どうしても良い文章が思い浮かばない場合にも、電報サービス会社の用意する文例を使えば安心です。受取人との関係性や、電報を送る場面に合う文例を選ぶことで、短い文章でも気持ちを伝えることができます。