ハート電報では、結婚式の祝電やお悔やみの弔電に国内生産の高品質の台紙からキャラクター電報まで、豊富なラインナップを取り揃えております。

電報Q&A

忌み言葉とは?

忌み言葉とは、特定の場面において不吉なことを連想させるため、使用を避けるべきとされる言葉のことです。 結婚式や披露宴などのおめでたい席や、通夜や告別式などの人に不幸があった場では、忌み言葉を使用しないことがマナーとなっています。また、普段何気なく使っている言葉であっても、シーンによっては忌み言葉となることがあるため注意が必要です。

忌み言葉は場面によって様々なものがある

祝いの場や、お悔みの場など、場面ごとに忌み言葉が存在します。結婚式においては「切る」や「破れる」、「終わる」などは、別れを連想させるため、忌み言葉になります。また、お悔やみの場では「追って」や「迷う」、仏教以外の葬儀では「冥福」や「供養」も忌み言葉となります。結婚式と葬儀の両方で注意が必要な忌み言葉として、「苦」や「死」を連想させる「九」、「四」があります。

同じ言葉を繰り返す「重ね言葉」を避ける

同じ言葉を繰り返す「重ね言葉」も、慶弔の場では忌み言葉として避けられます。結婚式を何度も挙げることや、葬儀が立て続けに起こることは、望ましくないためです。例として「くれぐれ」、「たびたび」、「かさねがさね」、「返す返す」などが挙げられます。慶弔の場で話すときはもちろんのこと、電報にも書かないように気を付けましょう。

忌み言葉は場面によって様々なものがある

弔電の差出人名を記載する際に重要なのが、差出人と故人がどういう関係であったかを明らかにすることです。差出人名だけでは、故人とどういうつながりがあったのか、遺族には分かりません。そのため、弔電の差出人名には、企業や学校など所属する団体名や肩書きなどを添えましょう。

電報を送るときも忌み言葉に注意しよう

お祝いの際やお悔みを伝える電報を送る際も、忌み言葉を使用しないように気を付けることが大切です。電報で送ったメッセージは、口から発した言葉と違っていつまでも形に残ってしまいます。忌み言葉について理解を深めて、失礼のない電報を送りましょう。
忌み言葉は状況によって様々なものがあります。電報を送る際も、相手の状況を踏まえて、忌み言葉を避け、相手に喜ばれるメッセージを書きましょう。